パスワードを設定しよう

モバイル
スポンサーリンク

パスワードの作り方

作ってはいけないパスワード配列

パスワードを作る前に、、、
使ってはいけないパスワードがあります。
世界で沢山使われた
単純なパスワード。
それはイコール、ハッキングされる
パスワードということになります。
それはこちら
  1. 123456
  2. 123456789
  3. qwerty
  4. 12345678
  5. 111111
  6. 12234567890
  7. 1234567
  8. password
  9. 123123
  10. 987654321
他にも、辞書に載ってる単語+数字
なんてのもハッキングしやすくなります。
「Apple001」 とかですね。
パスワードクラッカーは、さまざまな辞書を使用しています。英単語、名前、外国語、音声パターンなどを基本に、2ケタの数字、日付、記号などを付け足すのです。クラッカーは、辞書に含まれる単語に対し、大文字小文字を入れ替えたり、よくある置き換えを行います。「s」には「$」、「a」には「@」、「l」には「1」というように。これだけで、全パスワードの3分の2が、あっという間に解読できてしまいます。

パスワード作成の3つのルール

パスワードを設定するときには
いくつかのルールがあります。
先ほど説明したように
ハッキングされにくいパスワード
作りましょう。
1.パスワードは8文字以上
2.辞書に載ってる単語、場所、名前は避ける
3.大文字小文字、英数、記号を使う
実はAppleIDのパスワードも
これに準じた厳しい基準に
なっています。
パスワードを決める時は
このルールに合わせましょう。

オリジナルのパスワードを作る

8桁のパスワードを作るには
というところがあります。

”生成”ボタンを押すと下に

8文字、英数字、大文字小文字含む
パスワードが作られます
私自身はそこで作って
無理やり覚えたのですが
他にも方法は沢山あります

1つの文を考えて英語かローマ字の頭文字をつなげる

 

ぼくの すきな たべものは 焼き芋と

 

トウモロコシと プリンです

 

→Bstytpd

 

こんな感じで文字列を考えていきます。

 

単語や名前の子音の連続やわざと間違えたものにする

 

やまもと こうたろう

 

→Ymmtktr

 

他にも大文字は二文字目とか
自分のルールを決めて
パスワードを決めてみてください。
大切なのは自分が忘れにくいもの
ですよ。

パスワードの強さをはかる

パスワードが出来たら
その強度をはかりましょう
パスワード強度チェッカー
パスワードのチェッカーは
あまりあてにならないという
意見もありますがとりあえず
見ておきましょう。

パスワードはメモしておく

 

​せっかく設定したパスワードを

 

忘れてしまっては

 

どうしようもありません。

 

自分が持ち歩く手帳か

 

iPhoneのメモに書いておきましょう。

 

でも、ここでも注意があります。

 

何のパスワードかわからないように

 

パスワードだけ書くとか

 

英文の頭文字がパスワードになってるとか

 

拾った人にわかりにくいルールで

 

メモをするとよいですよ。

 

今回の一句

パスワード 忘れて僕は 逃避行

 

モバイル目次

■スマホ・PCの設定使い方
・スマホについて
 iphoneかAndroidか?
 AppleIDとGoogleアカウント
 Google アカウントをとりましょう
 パスワードを考える、設定する
 基本のアプリはたったの9つ。
  必要な4つの標準アプリ(iphone)と設定
  必要な5つの外部アプリ(iphone)
・その他のアプリの紹介
  動画関連
  書籍関連
  データ管理
  ゲーム
  体調管理
  ポイントアプリ
  ストアアプリ
  金融管理アプリ
  そのほか
googleアプリは返金できる
iphoneアプリは返金可能?
■PC Mac
設定の仕方・使い方
便利なソフト
 chrome
■windows問題解決
 仕事であった一般的なことを記事に
■タブレット
タブレットで本を読みましょう。
 タブレットの選択
 タブレットで本を読むならこのアプリ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました